ばね指・手首の腱鞘炎

手首~指の腱の炎症による疾患です。症状のある部分により診断名が変わります。針灸治療や、JRCの併用した治療は症状改善に効果的です。お困りの方「一度、おためしください。」お気軽にご相談おまちしています。

ばね指・手首の腱鞘炎

ばね指や手首の腱鞘炎は、手の作業が多い方や、更年期の女性に頻度が高い症状です。


特に、ばね指が進行して指が完全に動かなくなると指の関節も固まってしまうこともあります。その場合、手術の適応になります。

ばね指の好発部位
ばね指の好発部位
手首の腱鞘炎の好発部位
手首の腱鞘炎の好発部位

症状と原因

手首や指を曲げ伸ばしすると痛い!。症状が進むと、腱と靭帯が肥厚して手や指の可動制限や痛みが強くなります。ばね指は、弾発現象も伴います。

 

手や指にある腱と靭帯(腱を押さえる鞘のような役割をしている靭帯)の部分で疲労が蓄積したことにより、柔軟性が低下して腱と靭帯の間で摩擦が強くなり炎症がおこります。ばね指は、指を動かすと摩擦により腱の引っかかりにより「ガクッ」とした弾発現象がおきます。

 

当院での治療法

腱鞘炎のJRC 手首に面圧をかけています。
腱鞘炎のJRC、手首に面圧をかけています。

治療は、腱と靭帯の柔軟性を回復して両者の摩擦を少なくすることが大切だと考えています。

 

浅めの針や、ローラー針で腱と靭帯をゆるめて摩擦を少なくなるようにします。また、温灸で血流を改善し蓄積した疲労物質や炎症物質を取り除き症状回復に努めます。

 

手や指の関節にJRCをおこない、手や指の関節の動きを整えて、腱や靭帯にかかる負担をへらして症状改善をうながします。 


症例 70才 女性 右手ばね指

来院日

2013年5月

 

症状

一年前位から右手のおや指の付け根に痛みがあった。昨日、段ボールをハサミで切ったら、おや指の痛みが強くなり指を曲げたり伸ばしたりすると「カクカク」して痛い!

 

治療と経過

おや指の付け根にローラー針をかけました。手~肘~肩の関節も硬いのでJRC矯正をかけました。肩こりや胃腸も疲れ気味とのことなので全身も調整して体の回復力も引き出しばね指の症状回復をうながします。治療後痛みが半分くらい良くなったとのことでした。その後2回ほど同じ治療をして痛みがなくなり治療を終了しました。

 

思ったこと

ばね指などの腱の症状がある方はからだに疲労がたまっていて回復力が落ちている場合があります。東洋医学では胃腸の具合と腱の疲労には関連があると考えられています。肩こりや胃腸の調子など全身調整をして回復力を上げると症状に効果的です。

右手ばね指の治療例

ばね指、手首の腱鞘炎、手根管症候群は人によって症状の程度も違います。腱の炎症や痛みの程度により「ローラー針や温灸、通常よりも細い針」などの治療方法を選択し最適な効果を得られるように努めています。

針の説明
敏感な手首~指には下の針のような、針の太さ0.1ミリの針を使い患者さまの負担が最小限になるように配慮しています。
中指のばね指治療例
症状により温灸もおこないます。血流が改善されて筋や腱が緩みます。(中指のばね指の治療例)
ばね指治療例
ばね症状がある部分にはこのようなローラー針使います。(固まった腱をほぐす効果があります。)

手首の腱鞘炎の治療例
手首の腱鞘炎の治療例です。手首と肘に針をしています。
テーピングの例
手根管症候群・ばね指・手首の腱鞘炎には、日常の支障が軽減するように治療後、伸縮性のテーピングや置き針でサポートします
手首の腱にローラー針をかけています。
手首の腱にローラー針をかけています。

手のJRC施術部位
JRCは関節のゆがみを整えて腱にかかる負担を減らし症状改善に効果的です。

・このページの症例はあくまでも当院の臨床上の経験であり、同じ症状や病名でも人により効果に差があります。