ツボと鍼灸の作用

ツボと経絡

水門(ツボ)と川(経絡)

水門(ツボ)と川(経絡)

東洋医学では、身体の中に12本の経絡という生命エネルギーの川のような流れがあり、臓腑にエネルギーを運んで健康を維持していると考えられています。ツボは経絡上にあり、水門のような役割をします。

ツボは臓腑のエネルギーの過不足が表れる場所で、鍼灸で刺激することで臓腑に流れるエネルギー量を多くしたり少なくしたりする作用がはたらきがあるとされ、臓腑のエネルギーを調整することで健康になると考えられています。ツボは体表に360個以上のツボがあるとされています。

手の太陰肺経のツボの位置

手の太陰肺経は胸から始まる経絡で親指の先まである経絡の名前で、ツボは11穴あります。呼吸器系の症状(咳や風邪、喘息など)に用いられます。

鍼灸の作用

鍼灸をすると「痛みの緩和」「血行の改善」「筋緊張の改善」「心地良さ・リラックス」などの生体反応についての機序(メカニズム)が、最近の研究で少しずつ明らかになってきました。

痛みの緩和

針の鎮痛作用

鍼をして痛みが緩和するのは、脳内(中脳)からの鎮痛物質(オピオイド)が放出され、痛みを鎮める作用が働いている事が研究の結果報告されています。神経痛などの痛みの緩和にも期待できます。

血行の改善

血流改善効果

鍼灸をすると血行が改善するのは、自律神経や脳や血管を介しての反射作用が関係していることが、研究の結果報告されています。

筋緊張改善

筋肉の緊張を緩める

筋肉のコリの部分に鍼灸をするとコリが柔らかくなるのは筋肉や周囲の血管を支配する自律神経の緊張が鍼灸の刺激で緩和する事が研究の結果報告されています。

 

心地良さ

心地よさ

鍼灸をすると心地よさ・リラックスする感覚を覚えるのは、視床下部からオキシトシン(幸せホルモン)が放出されること。また、自律神経の緊張も緩和する事が研究の結果報告されています。精神的なストレスによる体調不良や気分の落ち込みイライラにも緩和が期待できます。


松尾芭蕉とお灸

足三里に灸をする・・・
足三里にお灸をすると・・・

その昔、松尾芭蕉も健康で長距離を歩くために『足の三里』のツボにお灸をしたそうです。 足の三里に灸をすると体には図のような生体反応があらわれます。

 

鍼灸の特徴は、体の機能を活性化して快復力を強めることを目的とした手技療法です。