保険での治療

当院では、医師の同意のもと、健康保険での鍼灸治療も取り扱っています。通院が困難な症状(腰痛や膝の痛み、脳梗塞による歩行困難)の場合、訪問鍼灸も行っています。(当院から、4km以内を中心に訪問しています。下の地図の赤丸の圏内になります。)ケアマネジャーの方のご利用ご相談もお待ちしております。鍼灸は、疼痛のコントロールには適した刺激療法で、訪問患者さんには喜んでいただいております。

 

健康保険

保険適応症(6症状)・・・下の表の6症状が対象です。

①神経痛

例えば、坐骨神経痛の痛みなど

②リウマチ

急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの

③五十肩

肩の関節が痛くて腕が挙がらないもの

④腰痛症

慢性の腰痛、ぎっくり腰など

⑤頚腕症候群

頚から肩、腕にかけてしびれ痛むもの

⑥頸椎捻挫後遺症

 慢性的な頸部の痛み

針灸治療の健康保険取扱い手順

保険で針灸治療を受けるには医師の同意書が必要です。(三か月間有効。三か月以降の鍼灸治療を継続する場合は、医師の再同意が必要です。)保険申請はすべて針灸院で行います。健康保険の種類によっては、患者さん本人が手続きをしなければならないもの(償還払い)もありますので、まずは針灸院にお問い合わせください。

 

【手続きの流れ・必要なもの印鑑・保険証】

 

1)保険適応症状で、保険治療を希望する人は当院にご連絡下さい。同意書をお渡しします。(同意書をお渡しするときに注意事項等説明いたします。保険証の提示もお願いいたします。)

 

 

2)かかりつけの病院、医院へ行き、担当医師に同意書用紙に記入、捺印していただいてください。

 

 

3)同意書を頂いたら、直ちに保険証と印鑑を持って針灸院にご来院ください。(保険証のコピーと保険申請書に印鑑を押して頂き手続きが終了です。保険での針灸治療 が開始できます。)

【同意書とは…】

 

医師が保険で「針灸の施術」を受けることを認めた書類です。

 

同意書用紙(右)は当院でお渡しします。

同意書
  同意書記入例(担当医師が記入します)
           同意書用紙
           同意書用紙

【訪問地域…赤い丸の範囲4キロ圏内を中心に訪問しています

4キロ以上の方でも、ご相談下さい。できる限り対応いたします。


注意事項

【保険による治療期間並びに回数】

最初に同意書を頂いた医師から約3か月ごとに同意を得ていれば症状が改善するまで、針灸の治療を続けることができます。治療回数に制限はありません。

 

同意書
同意書は三か月有効

【併用治療はできません】

針灸院での保険治療を受けている期間中に、同じ病気で病院、医院の治療や投薬を受けている場合、針灸の治療は保険では受けられません。

 

 

併用治療はできません
併用治療はできません

【その他】

 

労働者災害補償保険(労災)・・・現在取り扱っておりません。