ツボと針灸の効果

経絡とツボ

東洋医学では、身体の中に12本の経絡という生命エネルギーの川が流れていて、臓腑にエネルギーを運んで健康を保たせていると考えられています。ツボは経絡上にあり、水門のような役割をします。

ツボは臓腑のエネルギーの過不足が表れる場所で、鍼灸で刺激することで臓腑に流れるエネルギー量を多くしたり少なくしたりする作用がはたらきます。ツボは体表に360個以上のツボがあるとされています。

水門(ツボ)と川(経絡)
水門(ツボ)と川(経絡)
手の太陰肺経のツボの位置
手の太陰肺経は胸から始まる経絡で親指の先まである経絡の名前で、ツボは11穴あります。呼吸器系の症状(咳や風邪、喘息など)に用いられます。

針灸の効果

生体に針灸をすると生理学的には次のような効果があらわれます。 最近ではCAM(補完代替医療)の研究成果により、以前に比べ詳しい針灸の効果が発表されるようになってきました。

1.鎮痛作用により痛みの緩和が期待できます

針の鎮痛作用
針の鎮痛効果

鍼をすると脳内(中脳)からの鎮痛物質(オピオイド)が放出され、痛みを鎮める作用が働きます。神経痛などの痛みにも効果的です。


2.血流改善効果

血流改善効果
血流改善効果

血行が良くなり、体の中の老廃物が新鮮な血液と交換され疲労が回復が促されます。免疫力アップにも働きます。

 


3.筋肉がほぐれ、動きが滑らかに

筋肉の緊張を緩める
筋肉の緊張を緩める

肉体疲労、精神疲労によるコリや痛みに効果的です。コリがほぐれると、体の動きも滑らかになります。また、筋肉の緊張が緩和すると神経の興奮(自律神経)もおさまるので気持ちも落ち着きます。

 


4.自律神経を調える

肩こり
肩こり解消

ストレスが溜まると自律神経がみだれ、情緒不安や痛みなどからだのあちこちに不協和音をおこします。血流がうながされ筋肉がほぐれると自律神経の機能も回復しやすくなります。


5.ストレスに強くなる

ストレスに強くなる
ストレスに強くなる

針灸は、視床下部ににも働きかけ、抗ストレスホルモン(幸せホルモンとも呼ばれる)であるオキシトシンを放出を促します。精神的な不安感を治める効果があります。


以上の効果が研究機関から報告されています。このような効果が、体を健康にすると考えられています。 

松尾芭蕉とお灸

足三里に灸をする・・・
足三里にお灸をすると・・・

その昔、松尾芭蕉も健康で長距離を歩くために『足の三里』のツボにお灸をしたそうです。 足の三里に灸をすると体には図のような効果があらわれます。

 

針灸治療の特徴は、体の機能を活性化して自然治癒力を高め健康にする素晴らしい治療法です。(*^_^*)